UNIVERSAL PAPER ユニバーサル・ペーパー

社長メッセージ

森を守り、森を育てる製紙会社へ。


代表取締役社長 大脇 明憲

私たちは、世界100ヶ国以上で事業展開するアジア最大規模の総合製紙会社
アジア・パルプ・アンド・ペーパー(APP)のグループ会社として、
2007年より日本での活動を開始しました。

APPは自然林を保全し、環境との共生を実現することを世界にコミットしております。
東京都の約6倍の植林地をアジア地域で所有し、年間2億本の植林を行っております。
また、「苗木の育成から植林、パルプ製造、原紙製造、製品加工まで」を自社で一貫して行うことにより、業界で類を見ない競争力を持つビジネス・モデルを確立しております。

私たちの使命は、日本のお客さまが求めるニーズを深く探究し、
心からご満足いただける製品とサービスを通じ、皆さまに健康で快適な暮らしをお届けすることです。
おかげさまで多くの皆さまに、当社ブランドである「ハロー」「サラサ」「リビィ」といった製品を
ご愛用いただいておりますが、未だにお応えできていないニーズも残っております。
当社が日本でマーケットを開拓した環境にやさしい「ソフトパックティシュ」など、
グローバルな事業基盤や研究開発体制、最先端のテクノロジーを活用し、今後も新たな価値創造、
更なる技術革新に挑戦し、お客さまの暮らしをより豊かにする商品をお届けしてまいります。